高齢帰国者向け日本語教室【ほほえみ倶楽部】


香川県日中友好協会では、香川県の委託を受け、高齢帰国者向け日本語教室を開催しています。

この教室は、言葉や文化習慣の違いから孤立しがちな高齢帰国者が、仲間や協会会員とのつながりの中で、言葉を学んだり文化的活動を楽しみ、その中から生き甲斐を感じることができるように支援するものです。

授業は、単なる机上の学習のみならず、文化班と称して太極拳教室、フラワー教室、切り絵、また時には歌を歌ったり、苺狩りに出かけたりする機会を設け、あらゆるシーンの中で楽しく日本語が学べるように工夫しています。

「中国帰国者」とは?
終戦の直前、中国の東北地区(当時「満州」と言われていた地域)では、突然のソ連参戦により、開拓団を含め多くの日本人が居留地を追われ、混乱のうちに避難することとなりました。極限の状況の中で、親と生別または死別して中国人に育てられた人たち、日本への引き揚げの機会を失い中国に生活の場を見出した人たち、これが中国残留邦人(残留孤児と残留婦人)と呼ばれる人たちです。1972年の日中国交正常化後、多くの残留邦人とその家族が帰国しました。この方達を一般に「中国帰国者」と呼びます。



健康面で様々な不安を抱える帰国者のために、香川県綾川町と友好都市である河北省新楽市新楽中医院より安立国医師を招聘し、健康に関する講演会と、自分でもできるマッサージ方法についての実技指導を行った。

・その他の活動

太極拳教室

フラワー教室

料理教室

日本語教室

愛媛県内子へ研修旅行

日本語教室

綾川町うどん会館にて

いちご狩り

手打ちうどん教室


ボランティア講師募集中
帰国者に日本語などを教えていただける講師を募集しています。
日時:月に1〜2回、毎回2時間程度。
場所:香川県日中友好協会事務所他
謝礼:面談の上決定。送迎可能な方は送迎費も支給いたします。
その他:帰国者を送迎可能な方(免許歴5年以上)、基礎的な中国語能力のある方を希望します。


【問い合わせ先】
760-0007高松市中央町3-13多田ビル4F
香川県日中友好協会
TEL&FAX:087-831-8868